CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
『沈黙しない春』TALK with 野村浩輔さん(後)
0
    (前)からの続き


    杉岡太樹監督(以下、監):野村さんは
    集団訴訟の準備をしているということですが、それは誰に対して何を求めているんですか?

    野村浩輔さん(以下、野):東電に対して自主避難者への賠償、です。去年の11月に東電から指針が出たんですが、それに基づいての賠償になると憤りを感じるような金額なんです、一律8万円とか。

    監:だけ?事故から今まで、全期間を通して?

    野:そうですね。あとは個別に請求してください、ということなんですが、それがほとんど通らないということを聞いたので。

    監:なるほど。

    野:請求の仕方などのノウハウもない中で個人で戦うのは厳しいかなと思って、大阪の弁護士会の方に相談したら「集団訴訟というのを考えています。野村さんもどうですか?」という話を頂いたので。自分の周りにも自主避難者は結構いるので、彼らを集めて

    監:避難指示区域外に住んでいて避難された方々を集めて東電を提訴する、と。

    野:それを東京でなく大阪でやろう、ということです。今までは提訴となると東京でやらなければ、だったんですが、大阪でやれば違った判例が出るんじゃないか、と思って。東京と大阪では自主避難者への心証も違うんではないか、と。

    監:今まさに進行形なんですよね?どういう状況ですか?

    野:あんまり芳しくはないですね。私たちの求めが通ってしまうと、大多数の人に応じなければいけなくなるので

    監:前例を作る訳にはいかない、と。

    野:そうですね。和解を提示されているんですが、金額うんぬんの前にまず「賠償には応じますから、話を大きくしないでくれ」と。それが東電さんのやり方ですよ。

    監:じゃあ大きくしたいですね!(笑)でも、提訴のプロセスは問題ないんですか?今度は弁護士会にピエロとして扱われてる可能性はないんですか?

    野:いや、正直なことを言えば、今回は逆です。相手をピエロにしてる気持ちです。

    監:弁護士会の方を?

    野:はい。それが一年半、監督や「プロ市民」の方と知り合ったおかげで身に付いたスキルですかね。

    監:今回はやられないぞ、と。

    野:バカなフリしてます(笑)。


    監:
    最近福島に帰ったのはいつですか?

    野:8月20日かな?

    監:いわきはどうでした?町の状況は。

    野:法事で帰ったのであまり見れてないんですが、至って普通でしたよ。

    監:生活は以前のように戻ってるんですか?

    野:むしろ前より活気づいてるようなところもありましたね。夜の街とか。

    監:色町ってことですか?

    野:そういうことですね。作業員の方とかがたくさんいるので。地元の人から聞いた話では、移住してきた人が7000人とか。

    監:それは興味深いですね。

    野:ただ、昼間はやっぱり閑散としてるというか、今までは生活の中に女子高生とか、女子大生の笑い声とか、

    監:女の子のことばっかりじゃないですか。

    野:(笑)いや、そういうキャッキャした声がなくなった、っていうのは...。

    監:若い子がいなくなった、ってことですか?外に出なくなってる、とか?

    野:たぶん移住でしょうね、自分の周りにいた同じ年齢層の半分くらいは移住してます

    監:え、本当ですか?いわき市で?

    野:県内で引っ越しているかもしれませんが。

    監:元々住んでいた若い人が減って、作業員の方が増えている、と?

    野:そういう感じです。

    監:それも複雑ですね。


    監:野村さんに質問がある方はいますか?なんでも答えてくれると思います(笑)。

    質問(以下、質):映画の中でもそういうシーンがありましたが、今は大阪にいて仕事はどうされてるんですか?

    野:正直、仕事については、なかなか地に足がつけていないというのが現実です。働くことは働いているのですが、以前のように固定職につくのは当分できないか、と。

    質:前の職場は辞められたんですか?

    野:辞めました。

    質:転勤とかできなかったんですか?

    野:そこは一番辛い質問なんですが、避難をしたのが地震当日の夜なので、「なぜ逃げる必要があったのか」ということを誰にも理解頂けないというか、自分も「逃げなきゃいけない理由」を説明しきれないところもありまして、結局、懲戒という形になりました。

    質:それは例えば、時間を追ってでも避難命令が出ていれば、状況も違ったことになったかもしれない?

    野:そうですね。当時は「同心円で」という考え方があったので、そうではなく風向きなどを考慮して危険性を見るということがあの時あれば、もう少し理解を得られたかもしれません。今思ってもあの「同心円」っていうのはなんだったんだろうと思いますね。

    質:事故が起きる前から原発の危険性に対する認識はあったんですか?

    野:そうですね、東海村JCOの事故がありましたし、自分は物理を専攻していたので原子力というものを多少はかじっていたので、他の人に比べればあったと思います。なので、人よりも避難が早かったというのはあると思います。


    質:福島に残っている方っていうのは、「行くアテもなく仕方ない」ということで残っている人が多いんでしょうか?

    野:私が知っている限りでは、「慣れちゃった」という人が多いですね。一度避難して、何ヶ月か過ごした後に金銭的に体力が尽きて戻る人もいるし、諦めというよりは「やっぱり地元が好き」ということでこんなものに負けるか、と戻る人もいるし。様々だと思います。


    質:避難直後に取材を受けることが多かったと思いますが、マスコミに対する不満はありましたか?

    野:はい、大阪に避難してきた頃、同じような境遇の方々に対してメディアを通して自助グループ結成の呼びかけをしたいと思ったんですが、あまり関心を持たれなかったということがあって、

    監:え、それはしょうがないんじゃないですか?興味を持たれなかった、ということで。

    野:いや、でも、後になって原発の問題が大きくなったら報じてましたけど。自分が動いていた去年4月の時点では全然相手にされなかったんです。

    監:つまり、
    メディアの動きが遅い、と?

    野:ソコですね、情報を仕入れるのも遅いし、出すのも遅い

    監:精査しなければいけない、っていうのはあると思いますが。

    野:はい、でもその辺に違和感はありました。「なんでこの情報がいまさら出てくるんだろう」みたいなことが多くて。あとは、西と東で報道の中身が全然違ったり

    監:そんなのありましたか?

    野:はい、西の方がコメントがリアルでしたね。東はすご〜くやんわりとしてましたね、三号機の事故にしてもなんでも。西はむしろ「危ないんじゃないか」と誇張してる部分があるくらいで。

    監:それって、同じ日に読み比べたんですか?(笑)

    野:はい、同じ新聞社の東京版と大阪版と。「なんでこんな違うんだろうね、どっち信じる?」と嫁と話してました。

    監:どっちを信じたんですか?

    野:大阪の方を

    監:なんで?

    野:客観的なので。

    監:客観的だってどうしてわかるんですか?

    野:他人事のようなトーンだったんで。

    監:(笑)そんなもんスかね...。


    (了)*このトークセッションは2012年9月9日に行われました。



    | 沈黙しないEXTRA | 16:26 | - | - | pookmark |
    『沈黙しない春』TALK with 野村浩輔さん(前)
    0
      ってなことで、大阪十三シアターセブンにて行われた野村さん(出演者)を迎えての上映後トークの内容を公開します!(アチャコさんのは録音し忘れた...orz)

      「福島からの避難」というシリアスな境遇でありながら、観ている人に笑いを引き起こすという個性的なキャラクター、野村さんに、震災から1年半経った現在の生活「デモ」への思い福島の現実などを聞いてみました。

      映画をご覧いただいた方はもちろん、「まだこれから」なアナタや、「いや観ねーし。」ってゆうセンスのカケラもない方でも、楽しんでいただけばと思います!






      杉岡太樹監督(以下、監):僕と野村さんの出会いは、映画の中にもありますが、2011年3月27日名古屋のデモを撮影していたらそこに野村さんが現れて、そのままついていった、という感じなんですが、
      撮影中の心境というか、どんな思いで撮られてたか、教えていただけますか?

      野村浩輔さん(以下、野):はじめはうさん臭い人だな、と思ってまして、

      監:(笑)

      野:撮られながら、「ウザイな」とか「早くどっか行ってくれよ」とか思ってたんですけど、関わっていく中でちょっとずつ変わっていきましたね。

      監:撮影期間中に?詳しく聞かせてください。

      野:自分はカメラマンに撮られた経験なんてないので、どんなものなのかわからなかったんですが、私たち家族としてみれば冷静でいられない時に、(監督が)どんな状況でも客観的で。常に冷静でいてくれる人が横にいたのですごく助かった部分がありました。

      監:僕が感情移入しないからウザイな、っていう部分はなかったですか?

      野:それは正直ありましたね。でも、これは結果論になっちゃうんですが、後々考えればあの時に監督がいなかったら、、、という場面もありましたね。

      監:へー。そんな役を演じるつもりは全然なかったですけど(笑)。面白い人がいるなー、ってだけで。

      野:いやいやいや(笑)。

      監:映画は周りの人に観てもらいましたか?

      野:はい、近所に住んでる被災者の人たちには観てもらったんですけど、反響は様々で。

      監:あ、ホントですか。どんな感じで?

      野:デモに対して全然興味ない人と、「デモをやらなきゃいけないよね」という人とで意識の違いがあって。デモのシーンを観て「こんなことになってたんだね」という人もいれば、「こんなことに関わってると村八分になるからやめときな」とか言われたこともありますね。

      監:なるほど、「もう戻れなくなるよ」的なことですね。実際にそういう空気ってあるんですか?

      野:何度か福島に帰ってるんですけど、事故直後に比べたらだいぶ戻りやすくなってると思いますね。当時を思い返すと、結構色んな人に「福島に残るのは危ないよ」と言っていた自分なので、残っている人からの風当たりは冷たくて

      監:裏切り者みたいな扱いですか?

      野:当時はありましたね。

      監:野村さんは地震直後に車1台で逃げて来て、あれから1年半ほど経ちましたが、いわき市に戻りたいと思わないですか?

      野:「望郷の思い」まで言うとキレイすぎますが、そういう思いはありますね。子供に聞くと「帰りたい」と言いますし。だから、悩みますね。

      監:まだ悩んでる感じですか?

      野:はい。震災以来時が止まっていますので、うーん、正直なところ大阪にも根を張れないというか、かといって、向こう(いわき市)に戻って、というのも考えられない状況なので、まさに根無し草です。

      監:いまだに。映画の延長線上にいる。

      野:はい、そうですね。

      監:「デモ」に対して野村さん個人、福島の親族や友人の意見はどんな感じなんですか?

      野:正直、「なんでアンタらがデモしてるんだろ?」

      監:って思いますか?

      野:東京の方には。東京の方々は、震災後に「放射線が危ない」ということでデモなどをやってると思うんですが、でも、それまでなにをやっていたのかがすごく気になっちゃって。「今まで何もやらなかった人がどうして突然そういうことになるのかな?」っていう違和感はあるし、だから、「やってもムダだろうな」っていう。

      監:自分の意見をデモが代弁してくれているという印象はない?

      野:ないですね。それを求めたんです、だから、映画の最初にあるように、名古屋のデモに行ったんです。

      監:そこで「なにか違うな」と感じた?

      野:はい、1日で

      監;それはどの辺から?

      野:「野村さんは福島から避難してきてるってことで発信力があるから、」みたいな感じでワラワラと人が集まってきて、映画の中でも言ってると思うんですが、ピエロのようにされるな、と思ったんです。その瞬間ですかね。

      監:利用されている、という感情。

      野:はい。

      監:野村さん自身は原発に対してどのようなスタンスでしたっけ?

      野:自分は肯定とか否定とかできる立場ではないと思いますが、錬金術には手を出すな、ということは子供にも教えてます。0を10にするようなモノに人間が手をつければどのようなことになるか、歴史が証明していますので。

      監:では、原発は「反対」ということですね。

      野:原発だけではないですけど。

      監:いや、何が言いたいかというと、デモの人たちって、原発に反対するためにアクションしてるわけじゃないですか、それは野村さんの思いと同じじゃないですか?

      野:違います。自分のことは何一つ変えてないのに、周りに「変われ」と言ってる印象があるんですよ。自分がストイックになって、文明から離れて電気に依存しない自給自足の生活をして「原発反対」と言うのであれば説得力があると思うんですが、実際は便利な社会にどっぷり浸かった人間が、便利なモノを使って「反対」と言っても筋は通らないんじゃないかな、と。これは福島県民の声です

      監:本当スカ?

      野:(笑)

      監:勝手に代弁してないですよね?

      野:いや、本当です。自分個人の考えでは、デモに対しても「好きにやればいーじゃん」と思うんですけど。

      監:えっ?!ズルイですね。自分だけ逃げましたね。

      野:今年3月に南相馬へ行ってきまして、何日間か現地の人と過ごしてる中でお酒を飲む機会があったんですね。その時に「自分もデモに何度か行きました」と言ったらですね、「なんでそういうことするんだよ?」と。

      監:どういう意味で言ってるんでしょう?

      野:彼の気持ちは察しきれませんが、デモしても変わらないからじゃないですか。無駄なことだからです。デモをやるなら他にやることがあるんじゃない?.....って、コレ監督にも言いましたよね?

      監:はい、撮影期間中に言ってましたね〜。

      野:伝え方、ですよ。

      監:野村さんが今仰った「福島県民の声」って、あんまり聞こえてこないと思うんですが。

      野:なんでですかね。結局、まだそんな気持ちになってないんじゃないですか、「デモ」なんて人様のことですよね。福島県民からしてみれば、原発はもう事故ってるわけですよ。火事が起こっててそれが止まらないのに、周りの原発のことなんて気にしてられないんですよ。だから、デモをするにしてもまだ時期尚早だ、とかね。うちの火事を消してからにしてくれ、っていうのが本音なんじゃないですかね。

      監:それもやってるじゃないですか、作業員の方々が。

      野:でもまあ消えてないですけどね。

      監:そっちに全力を尽くしてほしい、と。


      (後)に続く...
      | 沈黙しないEXTRA | 00:33 | - | - | pookmark |
      『沈黙しない春』TALK with 平野太一さん (3)
      0
        「twitterとデモ」(3)
        平野太一(反原発デモ@TwitNoNukes)× 杉岡太樹監督 


        (2)からの続き


        杉岡太樹監督(以下、監):どのように変わっているんですか?

        平野太一(以下、平): いま僕らは首相官邸前で毎週のように抗議をしているんですけれども、今までデモには行ってなかったけれど抗議には初めて行きました、みたいな人たちとか。 繁華街のデモはなんで行くのかわからない、みたく思ってた人たちがそっち(首相官邸前)の抗議の方が「言う対象」がハッキリしているから行きたい、という人たちもいるみたいですね。

        監:過激になっているとか、若い人がいなくっているとかではない?

        平:そういう印象は全くないですね。年齢層は結構幅広く

        監:男性と女性とではどっちが多いとか?

        平:それもずっと五分五分な印象はありますね。あんまり男性的な、オラオラした感じもないし。

        監:先週僕も(首相官邸前の抗議に)行って来て、ちょっと怖くて近寄れなかったんですけれど...

        平: 結構そうなんですね。普段の繁華街のデモっていうのは「沿道にいる人たちに対してのアピール」という側面が強くて、脱原発の世論を高めるために身近なこととして感じてもらう、デモが恒常的にあることで当たり前の光景にしていくという要素もあると思うんですが、抗議の場は対象が明確にあるんで、怒りで対象に向かって抗議するという。去年の11月頃ですかね、玄海原発4号機が1度トラブルで停止していたのを九電が夜中にこっそり運転再開しちゃったみたいなことがあって、そこに対しての九電東京支社への抗議とかが始まりで。

        監:通行人の方に対するアピールではなく、政府に対してのアピールだから?

        平: そうですね、元々それが九電前だったり経産省前の抗議だったり、今は首相官邸前でやっているんですが、初めて参加する人の中には少し怖いと感じる方もいるとは思うんです。でも、怒りがあるからこそ集まっているし、実際にその場に長くいれば分かると思いますが、集まっている人たちは、怖い人たちではない、仕事帰りの人たちだったりするわけで。何も言わずに立っているだけというのも、アリだと思います。

        監:野次られたりしますか?ああいうことやってて?

        平:そうですね、永田町の官僚の人たちなのか、「何バカなことやってるんだ」とかそういうことをボソッとつぶやいて通り過ぎていったりとか。

        監:ケンカにならないですか?

        平:抗議に集まっている人たちが大人な対応をすることが割と多いですかね(笑)。カッとならずに、またああいうのがいるんだなと。

        監:ケンカとか衝突とか、ないんですか?そういうことを怖がってデモや抗議に行きたくない人もいると思うんですけれども。

        平: そうですね、色んなデモがあるのでそういう場に遭遇することもなくはないと思うんですけれども、僕らがやっているTwitterデモ、渋谷のデモに関しては、最近はそういうことはないですね。やっていくうちに沿道の反応もすごく良くなっていて、昔は無視ばっかりだったんですけれども、今は賛同の意を表してくれる人たちだったり、拍手して見ているおばあさんとか、そういう人たちが増えていたりするんで。デモ自体慣れてきているというのもあるかもしれない。 あんまりそういう危ないことはないですね。却って抗議の場は、さっきも怖いとおっしゃっていましたが、ストレートに怒りが出ている場でもあるので、少しはピリピリしたムードになりやすいとは思いますけれど。

        監:デモの人たちは側道の人たちが手を振っているのって、うれしいものなんですか?それとも「じゃあ来いよ」って、「手を振っているんだったら来いよ」っていう気持ち?どっちなんですか?

        平: 僕は無理に「参加しろ」みたいなのはあんまり思わないんです。それだけ、手を振るだけでも勇気がいると思うんですよね。実際参加するのはちょっと怖いけどみたいな人たちもいると思うんで、それはそれぞれの意思の表し方であって、すごくうれしいと言うとおかしいんだけど、良いことじゃないかなと。

        監:平野さんってTwitter上でとか名前とか出してるんでしたっけ?

        平:顔も名前も今は出していないですね。

        監:それは何か理由あるんですか?

        平:特に大きな理由はないんですけれど。

        監:顔や名前を出してデモを主催していくことによって、お仕事とかプライベートとかでイヤな思いとかなかったですか?

        平:多分いちゃもんをつけたい人が、1回目のデモの時に僕がたまたま映った写真をどこからか引っ張ってきて、「こいつが素人の奴か」みたいな (笑)、「こんなことやっちゃって」みたいなこととか書かれたことありますけどね(笑)。それ以降あんまり書かれたこととかないですけどね。

        監:職場とかでバレたりはしていないんですか?

        平:ちょっとバレてます。

        監:「デモがんばってね!」とか、ないですか?

        平:たぶん、職場でそういうのがバレるっていうのはあんまりよくないことだと思うんですけれども、割とゆるい職場なんで、あんまりそんな問題にはなっていなくて、「ボランティアでもやってるの?」ということは言われました。

        監:ボランティア活動の一環。

        平:(笑)

        監:言い様によっては?

        平:そうかもしれない(笑)

        監:これからもTwitterを使ってやっていこう、って感じですか?

        平:Twitter… 身近にできることとしてTwitterっていうのはあると思うし、一時期伸び悩みみたいのは当然あるんですけれども、やっぱ基盤としては使えるツールだなというのはすごく思うので、そこを基盤にしつつ日常生活の中で買い物ついでに行ったりとか、そういうのがもっともっと色んな人の間で当たり前になったりとか、っていうことをどうにかしてできないんだろうかというのは常に思っています。

        監:今後も期待しておりますので、頑張ってください。Twitterのアカウント名が...

        平:Twitterデモのアカウント、@TwitNoNukes、っていうアカウントがあるんですけれど、ペンギンがアイコンのアカウントで、デモの情報をバンバン流しているのでぜひフォローを宜しくお願いします。


        (了)*このトークセッションは2012年5月19日に行われました。



        | 沈黙しないEXTRA | 02:30 | - | - | pookmark |
        | 1/4PAGES | >>